お魚は健康食!お魚を毎日食べましょう!

盛夏の旬彩をご提案。夏には夏に旨い魚があります。実は、夏が旬の物には、体力を増強するものや元気のもとになる魚介類が豊富な季節です。ぜひ、夏の旬の味覚を食して元気で健やかにお過ごしください。元気は食から!笑顔は、うまいもんから!

たこ

関西では主に夏に好まれますが、春から秋にかけての暖かい季節、「真だこ」は産卵期を迎え、その時期は身が軟らかく、より味もあっさりになるといわれます。「たこ」はたんぱく質やミネラルが豊富で、肝機能を高める効果があるといわれます。また、脂肪が少ないので、お酒のつまみや、ダイエットしている方にもオススメです。ちなみに8 月8 日は、「たこの日」です。


たちうお

「たちうお」は、「太刀魚」とも書き、文字通り体が刀のように長く、銀色に輝く魚です。海産魚としては珍しくオレイン酸が多く、脂がのっていてもたんぱくで上品な味わいが、昔から関西人に好まれています。小骨は多いですが、骨離れが良く、塩焼きや味醂漬けの一夜干しにしても美味しい。油やバターとの相性が良く、フライ、バター焼きなどにしても絶品です。


はも

夏の関西に欠かせない魚といえば「はも」ですね。名前の由来は鋭い歯を持ち、人さえもはむ(咬む)という言葉から…など諸説あります。非常に生命力の強い魚で、夏場でも内陸に運ぶことができたことから大阪や京都で広まったといわれています。白身魚ですが脂肪含有量が多く美味ですが、「うなぎ」と比較すると多少脂肪量が少なめで、あっさりした味わいが魅力です。


すずき

「すずき」は、夏の白身魚の代表といえます。いわゆる出世魚で、関西ではおおむね、セイゴ→スズキとなるようです。 出世の到達点である「すずき」となっても、脂肪量は「たい」よりも低く、白身魚の特徴「高たんぱく・低脂肪」な食材ですが、ビタミンAが豊富なのが特徴です。調理方法としては、洗い、刺身、塩焼き、グリル、ムニエルなどで美味しく召し上がれます。


いさき

夏の「いさき」の味は「たい」にも匹敵するといわれるほど。刺身や寿司ネタはもちろん、塩焼き、揚げ物や煮物、ムニエルでも美味しく味わえます。「いさき」はワタが多いために痛みやすいので、鮮度は腹を触ると分かりやすく、張りがある物が新鮮です。魚屋さんなどでは「伊佐木」「伊佐幾」と記されることも多く、東京では「いさぎ」、九州では「いっさき(一先)」と呼ばれます。


しまあじ

「しまあじ」は高級食材として知られ、「たい」のように背高があり、尻ビレの手前に2つ遊離鰭体側の中央にも黄色い縦帯があります。味は脂がのって甘みがあり美味。1mを越す大物もいますが、30~40cmくらいのものが美味しいとされています。以前は高級すぎるため店頭で見かけることは少なかったのですが、近年は養殖物のおかげで手軽に口にできるようになりました。


はまち

関西では、40~60cm の「ぶり」の若魚を「はまち」と呼びます。身には、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランス良く含み、生活習慣病や記憶力低下の予防効果があるとされるDHAやEPAも豊富に含んでいます。また、血合部分には鉄分やタウリンが多く含まれています。


れんこだい

日本海西部、千葉県以南でたくさん獲れ、昔から食されてきました。寿司ネタや刺身には使えませんが、折り詰めなどの尾頭付き塩焼き鯛は、「れんこだい」が使われていました。福井県では三枚におろした「れんこだい」を塩と酢で調味し、杉樽に詰めて漬けた笹漬けが有名です。地元では、笹漬けの「れんこだい」と酢飯と合わせて手まり寿司をつくり、お客様をもてなす習慣があるそうです。


めいたかれい

飛び出た目の間にトゲがあり、これに触ると痛いので「目痛かれい」と呼ばれているとか。主に関西で好まれる小型のかれいです。産卵前の初夏から秋にかけて脂がのっていて、三枚におろしてムニエルにしたり、煮付けにしても美味しいです。小ぶりのものなら、唐揚げにしても美味しく召し上がっていただけます。「まつばかれい」「すずめがれい」とも呼ばれています。


まあじ

値段も手頃で味が良い、青魚の代表格です。夏に脂がのって美味しくなり、塩焼き、南蛮漬けやお刺身、たたき、酢締め、寿司ネタなど食べ方も多彩です。また干物や出汁用のこあじ丸干しなどとしても。DHAやEPAも豊富で、タウリンの含有量は、「さば」や「さんま」よりも多いとされています。さらに、夏場には嬉しいビタミンB群も豊富なので、この季節、毎日でも食したい魚です。


かつお

「いわし」を追いながら黒潮にのって日本沿岸を北上してくる「かつお」。青魚でまず思い浮かぶのは脳の活性化や目に良い成分としてお馴染みのDHAですが、「かつお」はこのほかにも、生活習慣病や貧血、骨粗しょう症の予防に役立つ栄養満載のとっても優秀な食材です。爽やかでさっぱりとした味わいの「初カツオ」、こってりと濃厚な味わいの「戻りカツオ」、 その季節ごとに変わる味をご堪能ください。


きす(

特に美味しいとされる初夏の産卵期を控えたものは絶品で、『絵に描いたものでも食え』といわれるほど美味で珍重されてきました。脂肪が少なく、淡白で上品な味が特徴です。天ぷらのほか、刺身や塩焼き、割烹料理でも調理されお吸い物にもつきものです。低カロリーなのはもちろん、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDが豊富といわれています。


がざみ

色鮮やかな青色の触手をもつ「がざみ」は渡り蟹の一種で、一番後の脚が平たくオールのようになっていて泳ぐことができます。そのため、初夏頃から浅いところに上がってきて海面を泳ぐことも多くなり漁獲量がこの時期多くなるのです。買い物はできるだけ活きたものを。味噌汁や茹で蟹、蒸し蟹はもちろん、イタリアンでは定番のワタリガニのトマトクリームパスタも美味ですね。


するめいか

胴は黒褐色で艶よく透明感があり、張りと弾力があって傷が無いもの。目が黒くて盛り上がったものが新鮮です。あっさりとして歯ごたえがある物ですから、和え物、サラダ、焼き物や炒め物、煮物、焼そばやパスタなど麺類の具にも幅広く利用できます。たんぱく質を含み、低脂肪。コレステロールの消費に関与するタウリンのほか、DHAやEPAも含みます。


あゆ

「あゆ」は塩焼きが絶品ですね。特に、串をうち、頭を下にして炭火でこんがりと焼く…。これは身から染み出た脂が頭にしたたって溜まり、身からは余計な脂が抜け、頭はその脂で唐揚げのように香ばしく焼けるからです。ほかにも、刺身、背ごし、雑炊、干物などの加工品としても美味しく召し上がっていただけます。夏の間だけに許された特別な味覚をぜひとも味わってください。


あわび

手の込んだ料理よりも、刺身やバター焼き・蒸し物に向いています。「あわび」の旬は、産卵期を迎える前の晩春~夏にかけてです。産卵期を迎える寸前の「あわび」は身も太ってくるので、とてもおいしく食べられる時期だといわれています。キモも新鮮なものであれば、しょう油とあえてキモしょう油として刺身の風味を増してくれます。


とこぶし

「あわび」よりも小ぶりで、酒蒸しか煮物にして美味しい。食べる機会も少なく、1 回に食べる量も少ないので特に栄養価を期待できるわけではありませんが、血圧や血中コレステロールを下げる働きがあるとされるタウリンが豊富に含まれます。




場内MAP で仲卸店舗を確認


  • 目利きのプロがお届けする旬の旨い水産物ご紹介
  • 中央市場水産物フォトギャラリー
  • 大阪食文化・おさかな味わい図鑑
  • 最新のイベント情報!
  • 本場の歴史について
  • おさかな絵画コンクール表彰式
  • 今月が旬の魚料理