お魚は健康食!お魚を毎日食べましょう!

春の訪れを告げる旬彩 春の到来とともに、美味しい魚介水産物も多く出回るこの時期。新しい門出の御祝いや華やかな食卓の一品に彩り鮮やか、栄養たっぷりの魚介を使って、春らしいメニューはいかがですか。ぜひ、この時期の旬彩を味わってください。元気は食から!笑顔は、うまいもんから!

かつお

「いわし」を追いながら黒潮にのって日本沿岸を北上してくる「初かつお」。青魚でまず思い浮かぶのは脳の活性化や目にいい成分としてお馴染みのDHA(ドコサヘキサエン酸)ですが、「かつお」はこのほかにも、生活習慣病や貧血、骨粗しょう症の予防に役立つ栄養満載のとっても優秀な食材です。「初かつお(若かつお)」は、白身魚の「きす」などとほぼ同等の脂肪量で、さっぱりとした味わいが魅力です。


さわら

西日本で珍重されてきた魚です。冠婚葬祭に使われてきた魚で、煮物、焼き物にと、懐石料理でも使われます。クセのない上品な白身で、鰆も立派な青背の魚の仲間です。鰆は脂肪分が多いとされますが、動脈硬化を予防するとされるDHA量も豊富で、血圧を下げるカリウムが多いのも特徴。
照り焼きは絶品で、関西地方では、コクのある西京味噌につけ込んだり味噌焼きにする西京漬け、西京焼きが有名です。


まだい

古来から海産物の王様といわれる「まだい」。日本では祝い魚として珍重されてきました。「まだい」の旬は早春の時期といわれ、産卵期直前のこの時期、身が充実し体色が美しく、まさに桜のこの季節、「桜鯛」「花見鯛」と呼ばれます。身は淡泊な中に豊かな風味を持ち、生臭さやクセがありません。刺身、すし種、焼き物、煮物、揚げ物、蒸し物、鍋物など和洋を問わず様々な料理にも活用できます。


かれい

「かれい」は日本中に分布していて、地方により呼び名も味も旬も様々です。3月に味の落ちる「ひらめ」に替わり、この時期の白身魚として、「かれい」を出す店も多いのではないでしょうか。高タンパク、低脂肪。タウリンやビタミンB1、B2、Dも豊富で、離乳食や年配の方の食事、病人食用の食材としても適しています。塩焼き、煮付け、唐揚げなど様々な料理に向いています。


かわはぎ

「ふぐ」の仲間で、食感も味も「ふぐ」に匹敵するといわれていますが、栄養的にも「とらふぐ」に似て、高タンパク・低カロリーです。肉は白身で、味わいは淡泊ながら、歯ごたえもあって美味い。刺身(薄造り)、鍋、味噌汁、煮付け、フライなど様々な調理法でも美味しく食べることができます。肝の味が良いので、「かわはぎ」の価値は肝の大きさで決まるといわれます。


めばる

分布域は北海道の中部辺りから日本列島全土の沿岸に生息しています。旬は地域により多少の違いがありますが、春から夏が旬といわれています。身は淡白なわいで、料理法は刺身、塩焼き、照り焼き、煮付け、唐揚げと多彩ですが、やはり煮付けが、また食べたいと思わせる春の一品です。煮付けが美味しい魚は沢山のコラーゲンが含まれているので煮汁をしっかりと食べるようにしたいものです。


がしら

「かさご」は東京での呼び名で、関西地方では「がしら」「がし」という呼び名で通っています。漢字で「笠子」は、 頭が大きく、張り出した背びれや胸びれを笠に見立てた呼び名。
「かさご」は食べることができる部分が他の魚に比べると少ないもの特徴です。見た目もけっして良いとは言えない魚なのですが、非常に美味で、古くは庶民的な魚でした。


とびうお

その名の通り、海面を飛ぶ唯一の魚です。季節回遊し、春先から夏にかけて北上して日本に近づき、産卵後、秋に南下します。関西の市場に入荷するのは、主に3種で、年明けの早い時期に屋久島などから入荷が始まるのが「はまとびうお」です。春先から初夏が旬で、刺身向けの需要が多くなります。


さより

体は細長く、約40センチ前後になります。“下あご”が細く針状に突出しているのが特徴です。さっぱりと淡泊であっさりとしたクセのない白身魚で、魚の中でも脂肪の低さは群を抜いていると言われます。さばくのが難しい魚ですが、「細造り」「糸造り」と呼ばれる細切りの刺身や天ぷら、酢の物などにしても美味しく召し上がれます。


さくらえび

漁獲された新鮮な「桜えび」を塩水で短時間煮熟した「桜えび釜揚げ」。生産地は漁獲営業が許される静岡県由比町、浦原町、大井川町が主となっています。スーパーなどでも小売りパックされたものが多く出回るようになり、ご家庭でも気軽にお召し上がりいただけるようになりました。ちらし寿司やかき揚げ、茶碗蒸しの具材として。


こういか

背部の外套膜の内側に甲羅状の骨がある事から甲烏賊(こういか)と名づけられています。胴の長さ20cm前後。身体の周りを「えんぺら」と呼ばれるひれが縁取っているのが特徴です。甘味十分な味で、刺身はもちろん、焼いても煮ても身が硬くなりにくく美味しいので、色々な料理に活かせます。 夏から秋にかけては新イカが、秋になると大きくなって、冬に入荷の最盛期を迎えます。


ほたるいか

「ほたるいか」は内臓ごと食べるので、ビタミンAやビタミンEが多く含まれているのが特長です。ビタミンA、Eは体内で抗酸化作用を発揮して老化の進行を予防するといわれています。また鉄分や銅などのミネラル、ビタミンB群をはじめタウリンも多く含んでいるのでとても健康に良いものだといえます。ボイルしたものを酢味噌和えでいただくのも良し、沖漬けや佃煮も美味です。


あさり

活きの良い「あさり」は、海水中でさかんに水管を伸ばしています。殻の模様がキレイでかたく閉じたものを選びましょう。良い環境で順調に育つと比較的平たくなり、悪条件だと丸みをおびてふくらみが強くなると言いわれています。殻が大きく左右によくふくらんでいるものが、身も大きく美味。むき身はなるべく粒がそろい、肉厚でつややかな透明感のあるものを選びましょう。


あおやぎ

通称「あおやぎ」の方が一般的ですが標準和名は「ばかがい」。道南から九州まで広く分布していますが、日本海側は少なく、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海が主産地です。低カロリーで、ビタミンAが豊富。むき身は寿司ネタ、刺身、ぬた、酢の物等に、貝柱は「小柱」とも呼ばれ、かき揚げ天ぷらなどにしても美味。


わかめ

「わかめ」は、日本古来からもっとも食されてきたといえる藻類です。関西でも有名な「鳴門わかめ」は、葉が薄くしゃきしゃき感があり、湯通しすると明るい緑色になります。一般的には、塩蔵品や乾燥わかめなどの加工品として流通していますが、冬から春先にかけて出回る天然の「わかめ」は生食もでき、乾燥わかめとはまた食感が全く異なり、春だけの風物詩といえます。



場内MAP で仲卸店舗を確認


  • 目利きのプロがお届けする旬の旨い水産物ご紹介
  • 中央市場水産物フォトギャラリー
  • 大阪食文化・おさかな味わい図鑑
  • 最新のイベント情報!
  • 本場の歴史について
  • おさかな絵画コンクール表彰式
  • 今月が旬の魚料理