お魚は健康食!お魚を毎日食べましょう!

産地と食卓を繋ぐのが、私たち仲卸です色とりどりの旬彩で春を堪能水温が上がる春は、まもなく産卵期を迎える魚も多く、身が肥えて旨味も増す季節です。また、春らしく色とりどりの魚介が市場を賑わし、食卓も彩ります。ぜひ、春の味覚を堪能ください。元気は食から!笑顔は、うまいもんから!

この一覧表は、一般的に紹介されている出回り時期を示すもので、年や季節、天候、産地により差があります。また、種類により異なる場合もありますので、予めご了承ください。

さわら(鰆)

さわら(鰆)

関西では春先、関東では冬が美味しいとされ旬が2度あるといわれますが、産卵時期の8月を除いて美味しく食べることができる魚です。1mを超える大きさで、細長く剣状、全体が銀色をしています。側面中央部に黒灰色の丸い斑紋が不規則に並びます。
青魚の仲間でクセのない上品な白身をしていて、昔から冠婚葬祭に使われてきた魚で、白身魚として人気の高い食材のひとつです。淡白な味の「たい」に対して、「さわら」は脂ののった濃い味が特徴です。瀬戸内海でとれるものは、「たい」と比較されるほど美味しいといわれ、熟成した「さわら」の刺身は「まぐろ」のトロのような味わいといわれます。和食の基本的な素材のひとつとされ、、焼物、吸い物、煮物、焼き物、特に照り焼きは絶品で、関西地方では、西京漬け、西京焼きが有名です。瀬戸内海地方や関西などでは非常に重要な魚といえます。特に岡山県では「さわら」をとても珍重し、刺身、酢の物、寿司の具などに多用。魚屋、スーパー、デパートなどに必ず置かれているそうです。栄養価では、動脈硬化を予防するとされるDHAや血圧を下げるカリウムが多いのも特徴です。

刺身、タタキ、カルパッチョ、酢締め、なます、味噌漬け、西京漬け、照り焼き、幽庵焼き、開干し、みりん干し、一汐さわら、かす漬け、ソテー、ムニエル、煮つけ、すき焼き、船場汁(大阪)、味噌汁、フライ、竜田揚げ、天ぷら、炊き込みご飯、押し抜きずし(香川)、唐墨(香川)

さより(鱵)

さより(鱵)

体は細長く、約40 センチ前後になります。“下あご” が細く針状に突出しているのが特徴です。さっぱりと淡泊であっさりとしたくせのない白身魚で、魚の中でも脂肪の低さは群を抜いていると言われます。ただし、脂肪が少ない割には、コレステロールが多いのも特徴。さばくのが難しい魚ですが、「細造り」「糸造り」と呼ばれる細切りの刺身や天ぷら、酢の物などにしても美味しく召し上がれます。

あいなめ(鮎並)

あいなめ(鮎並)

年間を通して水揚げがあり、味的には大きくは変わらないようですが、身が充実してもっとも美味しくなるのは春から夏にかけてで、価格もその時期がもっとも高くなる傾向にあります。
地方によっては大阪や香川、徳島県などの周辺では「あぶらめ(油目)」と呼ばれ、体表が油を塗ったようにぬめっているからともいわれています。
鮮度落ちが早い魚なので、できれば活魚、そうでなければ活〆されたものを選んでください。
鮮度の良いものはもちろん刺身で。椀だねや煮付け、唐揚げなどの揚げ物、洋風にアクアパッツア、ブイヤベースなどにもおすすめです。

まあじ(真鯵)

まあじ(真鯵)

「あじ」は北海道~九州までの沿岸域で群れをつくります。そのため年中、市場には出回りますが、旬
は春から夏にかけての産卵前の脂がよくのった時期です。漢字で書くと「鰺」。「参」が旧暦の3 月(現在の5 月頃) を指し、「まあじ」の旬ということに由来するという説があります。呼び名は味の良さから“あじ”とついたといわれます。
生活習慣病の予防に効果のある青魚の代表格。
「まあじ」のたんぱく質の含有量は20%以上で、魚の中でもトップクラスです。同じ青背魚の「いわし」や「さば」に比べて脂肪の量は3 分の1以下なので、白身魚なみの高たんぱく・低脂肪、低カロリーといえます。DHA やEPA も豊富で、タウリンの含有量は、「さば」や「さんま」よりも多いとされています。さらに、夏場には嬉しいビタミンB 群も豊富なので、この季節、毎日でも食したい魚介です。

刺身、寿司ネタ、タタキ、なめろう、酢締め、カルパッチョ、水なます、セビチェ、塩焼き、フライ、唐揚げ、南蛮漬け、エスカベッシュ、干物、炊き込みご飯(あじめし)、さんが焼き(千葉)、塩いり(石川)、冷や汁(宮崎)、伊予さつま(愛媛)、姿ずし(四国)

やりいか(槍烏賊)

やりいか(槍烏賊)

胴の長さ40cm 前後。細長く、「あかいか」と姿が似ていますが足が極端に小く、二本の触手が胴と同じくらい長い「あかいか」とは見分けやすいです。旬は秋から冬、春。食用として古くから人気が高く、高級品であることから、アフリカ沿岸やアメリカ沖などから近縁種の輸入もおこなわれています。卵もたいへん美味で、子持ちの「やりいか」の煮つけも良い味わいです。
「やりいか」は繁殖のため接岸してくるころに多く漁獲されています。「夏のケンサキイカ、冬のヤリイカ」といわれるように、「やりいか」の旬は冬から春にかけてとなります。
「やりいか」という名前は、細く先が尖った体が槍の穂にそっくりなことから名付けられたといわれています。

わかめ(若布)

わかめ(若布)

「わかめ」は、日本古来からもっとも食されてきたといえる藻類です。日本近海の特産で植物学的には一種ですが、鳴門海峡特産の「鳴門わかめ」、岩手県を中心に成育する「南部わかめ(三陸わかめ)」が有名で、山陰など日本海に成育する「わかめ(南方型)」も含め三種類に分けることができます。生育環境の影響を受けやすく、場所や時期によって茎の太さや厚み、葉の厚みや形状が異なります。「鳴門わかめ」は、葉が薄くシャキシャキ感があり、湯通しすると明るい緑色になります。
一般的には、塩蔵品や乾燥わかめなどの加工品として流通しています。カルシウムなどのミネラルを多く含み、そのまま味噌汁の具材としても使えるので乾燥わかめなどは、忙しい現代人の朝食にもピッタリといえます。流通している約9 割が養殖ものですが、冬から春先にかけて出回る天然の「わかめ」は生食もでき、早春の時期が一番味が良く、乾燥わかめとはまた食感が全く異なり、春だけの風物詩といえます。

あおやぎ(青柳)

あおやぎ(青柳)

「あおやぎ」は「あさり」と同じように春を代表する二枚貝で、潮干狩りでも沢山獲ることができます。「あおやぎ」の名前は産地名に由来するといわれます。
「あおやぎ」の多くは殻付きのものよりも、キレイなオレンジ色をした“むき身”と“貝柱”に分けて流通しています。
刺身、寿司ネタとして人気がありますが、わけぎなどの春野菜と「あおやぎ」を辛子酢味噌で和えれば、季節感あふれる春ならではの前菜に。また小柱は、かき揚げや天ぷらにすると、サクッとした食感の中に、独特の甘味が感じられます。

かき(牡蠣)

かき(牡蠣)

一般的には、「Rがつく月(septenber9月~april4月)に食べないとあたる」とされている「牡蠣」。秋の終わり頃から産卵に備えて肥り、寒い間が美味しいとされる。うまみと栄養が豊富で、海のミルクといわれているのは有名です。疲労回復に役立つグリコーゲンをはじめ、肝機能を高めるタウリンも多く含まれます。

生がき、酢がき、焼きがき、かきおこ(岡山)、ソテー、茶碗蒸し、味噌汁、カキ鍋、土手鍋、カキフライ、かきめし

たい(鯛)

たい(鯛)

姿・色・味と三拍子そろった「たい」は、古来からおめでたい魚とされ、高級魚の代名詞的存在です。「たい」と名の付く魚は200 種類以上いますが、そのほとんどが「たい」とは無縁の通称「あやかりたい」とよばれる魚です。
「まだい」は通年出回り、産卵後の痩せた時期を除いては、いつでも美味しく食せます。特にこれからの季節は天然の真鯛が産卵を前に栄養を蓄え、脂がのり、その身質は桜のように鮮やかで肌の色をピンク色に輝かせることから「桜鯛」と呼ばれ、珍重されてきました。
「桜鯛」は春の季語にも数えられ、古くから日本人に親しまれてきた魚といえます。

刺身、皮霜造り、昆布締め、酢締め、セビチェ、カルパッチョ、鯛飯南予風、塩焼き、幽庵焼き、みりん干し、兜焼き、兜煮、鯛かぶら、ちり鍋、潮汁、しゃぶしゃぶ、フライ、天ぷら、フリッター、磯部揚げ、炊き込みご飯、鯛麺(愛媛)、鯛茶、鯛飯

めばる( 目張)

めばる( 目張)

日本各地に生息する「めばる」は、古くは庶民的な魚として人気が高く、煮魚といったら「めばる」に限るといわれたものでした。早春の船釣りは「めばる」から始まるため、「春告魚」とも呼ばれるように市場でも春の時期に入荷が多くなります。ウロコはやわらかく、皮は薄くて弱く、骨はあまりかたくありません。透明感のある白身で、熱を通してもかたくならず、身離れの良い魚です。

ままかり(飯借り)

ままかり(飯借り)

特に郷土料理でもよく使われる岡山では「ままかり」と呼ばれ、「飯借り」と書きます。あまりの美味しさにご飯が足らなくなって隣の家からご飯を借りた…というのが語源とされています。おもに瀬戸内海沿岸や有明海沿岸を中心とした西日本で食用にされていますが、多くの地域では「さっぱ」と呼ばれているようです。「さっぱ」の名前は“淡泊でさっぱりとした味”に由来するとされています。

刺身、酢漬け、焼き酢漬け、ママカリ寿司、塩焼き

にしん(鰊)

にしん(鰊)

国産の「にしん」のほとんどが北海道で獲れています。江戸時代、松前藩では年貢の代わりに「にしん」を納めていました。産卵に押し寄せる春にしんは、多くが加工品にされました。北海道西岸からサハリン南西岸にかけて産卵しますが、産卵前の春に脂がのり、旬を迎えます。
北海道では、早いものは二年で成熟、三~四年で産卵成熟します。産卵は厚岸湾など早いときには11月、12 月から、北海道西岸では3 月下旬~ 6月下旬から始まります。

刺身、寿司ネタ(酢締め)、マリネ、塩焼き、しょうが焼き、幽庵焼き、鎌倉焼き、味噌煮、昆布巻き、にしんそば、にしんなす(京都)、にしん漬け、三平汁(北海道)、子持ち昆布、子持ちわかめ、数の子、生干し(ソフトタイプ)、身欠きにしん

ほたるいか(蛍烏賊)

ほたるいか(蛍烏賊)

「ほたるいか」は内臓ごと食べるので、ビタミンA やビタミンE が多く含まれているのが特長です。ビタミンA、E は体内で抗酸化作用を発揮して老化の進行を予防すると言われています。また鉄分や銅などのミネラル、ビタミンB 群をはじめタウリンも多く含んでいるのでとても健康に良いものだと言えます。ボイルしたものを酢味噌和えでいただくのも良し、沖漬けや佃煮も美味です。

さくらえび(桜海老)

さくらえび(桜海老)

2018年の漁解禁日は、4月4日です。海の宝石とも呼ばれる「さくらえび」ですが、国内では静岡県駿河湾でしか漁をすることができません。「さくらえび」の旬は、春と秋の2 回あります。年間で約40 日ほどしか漁をおこなうことができない、非常に貴重な水産資源です。
水揚げされた「さくらえび」は、すぐに天日干しや釜揚げ、生エビの急速冷凍品に加工され全国に出荷されています。

しゃこ

しゃこ

体長は15cm ほどで、エビに似た体型をしていますが、栄養素的に見ると銅、マンガンなどのミネラル類、ビタミンA、B1、B2、B12 などが多く含まれます。
サッと塩ゆでしたものは、寿司種としても珍重され、天ぷらや煮びたし、塩ゆで、鍋物、みそ汁の具としても美味しく召し上がっていただけます。

ひじき(鹿尾菜)

ひじき(鹿尾菜)

「ひじき」はホンダワラ属の海藻で、群生するところに藻場をつくります。昔から日本で食され、国内で生産される海藻類では収穫量の多いもののひとつです。一般的には鉄釜で煮たのちに天日で乾燥させて「干ひじき」にして流通されます。「ひじき」は油との相性も良く、ニンジン、ダイズと一緒の炒め煮は定番の調理方法です。生きている「ひじき」は黄褐色ですが、乾燥させたものは黒く、黒々としているものほど良質です。

あさり(浅蜊)

あさり(浅蜊)

殻幅4cm 前後。貝殻は楕円形で、布目状の筋があります。模様のあるものとないものがあり、多様。湾内の干潟、砂地などに生息しています。砂に潜り、水管を伸ばして海中の植物プランクトンや浮遊有機質を漉しとって食べています。関東以南での産卵は春と秋の2 回。



場内MAP で仲卸店舗を確認


  • 目利きのプロがお届けする旬の旨い水産物ご紹介
  • 中央市場水産物フォトギャラリー
  • 大阪食文化・おさかな味わい図鑑
  • 最新のイベント情報!
  • 本場の歴史について
  • おさかな絵画コンクール表彰式
  • 今月が旬の魚料理