お魚は健康食!お魚を毎日食べましょう!

夏祭り盛り上がる頃の旬彩。夏には夏に旨い魚があります。実は、夏が旬の物には、体力を増強するものや元気のもとになる魚介類が豊富な季節です。ぜひ、夏の旬の味覚を食して元気で健やかにお過ごしください。元気は食から!笑顔は、うまいもんから!

はも

夏の関西に欠かせないのは「はも」ですね。
名前の由来は鋭い歯を持ち、人さえもはむ(咬む)という言葉から…など諸説あります。非常に生命力の強い魚で、夏場でも内陸に運ぶことができたことから大阪や京都で広まったと言われています。白身魚ですが脂肪含有量が多く美味ですが、「うなぎ」のそれと比較すると多少脂肪量が少なめで、あっさりした味わいが魅力です。


うなぎ

「土用の丑の日」とは、江戸時代に平賀源内がうなぎ屋を繁盛させるために、「うなぎ」とおなじ「う」がつく「うし」の日に「うなぎ」を食べようと宣伝したのが始まりと言われています。 でも、栄養価を考えると、夏バテ防止としてこの時期にうなぎを食べるのには意味があるのです。


あなご

「あなご」は、7月~8月が皮がやわらかく身が厚く、淡泊な味わいながらも程よく脂がのっています。関西では、蒲焼き、吸い物、ちらし寿司、穴子丼などで食べるのが好みで、天ぷら、蒸し煮しての寿司ネタなど、様々な調理が可能です。脂質含有量はうなぎの約半分で、オレイン酸のような植物油に多い脂肪酸が多く含まれていることから、さっぱりした味となります。


たちうお

「たちうお」は、「太刀魚」とも書き、文字通り体が刀のように長く、銀色に輝く魚です。海産魚としては珍しくオレイン酸が多いため、脂がのっていてもたんぱくで上品な味で、昔から関西人に好まれている魚です。小骨は多いですが、骨離れが良く、塩焼きや味醂漬けの一夜干しにしても美味しい。油やバターとの相性が良く、フライ、バター焼きなどにしても美味しい。


かつお

いわしを追いながら黒潮にのって日本沿岸を北上してくる「かつお」。青魚でまず思い浮かぶのは脳の活性化や目にいい成分としてお馴染みのDHA(ドコサヘキサエン酸)ですが、「かつお」はこのほかにも、生活習慣病や貧血、骨粗しょう症の予防に役立つ栄養満載のとっても優秀な食材です。


すずき

「すずき」は、夏の白身魚の代表といえます。いわゆる出世魚で、関西ではおおむね、「せいご」→「すずき」となるようです。 出世の到達点である「すずき」となっても、脂肪量はたいよりも低く、白身魚の特徴「高たんぱく・低脂肪」な食材ですが、ビタミンAが豊富なのも魅力です。調理方法としては、洗い、刺身、塩焼き、グリル、ムニエルなどで美味しく召し上がれます。


いさき

夏の「いさき」の味は鯛にも匹敵するといわれるほど。刺身や寿司ネタはもちろん、塩焼き、揚げ物や煮物、ムニエルでも美味しく味わえます。「いさき」はワタが多いために痛みやすいので、鮮度は腹を触ると分かりやすく、張りがある物が新鮮です。魚屋さんなどでは「伊佐木」「伊佐幾」と記されることも多く、東京では「いさぎ」、九州では「いっさき(一先)」と呼ばれます。


しまあじ

「しまあじ」は高級食材として知られ、鯛のように背高があり、尻ビレの手前に2 つ遊離鰭体側の中央にも黄色い縦帯があります。味は脂がのって甘みがあり美味しいです。大きいものでは1mを越すものもいますが、30~40cm位のものが美味しいとされています。以前は高級すぎるため店頭で見かけることは少なかったのですが、近年は養殖物のおかげで手軽に口にできるようになりました。


はまち

関西では、40~60cm の「ぶり」の若魚を「はまち」と呼びます。近年は養殖ものの“ブランドはまち”が人気です。身には、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランス良く含み、生活習慣病や記憶力低下の予防効果があるとされるDHAやEPAも豊富に含んでいます。また、血合部分には鉄分やタウリンが多く 含まれています。


れんこだい

日本海西部、千葉県以南でたくさん獲れ、昔から食されてきました。すし種や刺身には使えないが、折り詰めなどの尾頭付き塩焼き鯛は、「れんこだい」が使われていました。福井県では三枚におろした「れんこだい」を塩と酢で調味し、杉樽に詰めて漬けた笹漬けが有名です。地元では、笹漬けの「れんこだい」と酢飯と合わせて手まり寿司をつくり、お客様をもてなす習慣があるそうです。


きす

特に美味しいとされる初夏の産卵期を控えたものは絶品で、『絵に描いたものでも食え』といわれるほど美味で珍重されてきました。脂肪が少なく、淡白で上品な味が特徴です。天ぷらのほか、刺身や塩焼き、割烹料理でも調理されお吸い物にもつきものです。低カロリーなのはもちろん、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDが豊富といわれています。


おこぜ

「かさご」(12~3月頃が美味)と似ている「おこぜ」。通年通して食べることができますが、流通は晩春から夏にかけて多くなると言われています。背びれに非常に強い毒があるので調理時には注意が必要。見た目と違い味は非常に上品で、薄造りなどでも美味しく、煮物、汁物、揚げ物にもぴったりです。ちなみに、とげに刺さった場合、応急処置として患部をお湯につけるといいですよ。


まあじ

値段も手頃で味がいい、青魚の代表格です。夏に脂が乗って美味しくなり、塩焼き、南蛮漬けやお刺身、たたき、酢締め、握りすしなど食べ方も多彩です。また干物や出し用のこあじ丸干しなどとしても。DHAやEPAも豊富で、タウリンの含有量は、「さば」や「さんま」よりも多いとされています。さらに、夏場には嬉しいビタミンB群も豊富なので、この季節、毎日でも食したい魚介です。


いわし

「ひらごいわし」とは、まいわしの地方名で、主に日本海沿岸で呼ばれるようです。ちなみに関東の市場では「七つ星」とも呼ばれるとか。青魚特有の旨みがあり、甘くやわらかくすしネタにもむいています。刺身、煮付けはもちろん、煮干しなどとしても食されています。調理法として、「開き」「切り身」にしたときには、旨みが逃げてしまうので洗わないように心がけてください。


とびうお

夏場に漁獲される「とびうお」は「夏とび」と呼ばれています。運動量が激しい魚のため脂肪が少なく、身は白くて淡泊な味わいが特徴です。塩焼きやフライなどに向く魚ですが、九州地方や山陰地方では「アゴ」と呼ばれ、開き干し、塩乾品や各種練り製品に加工されます。すし種としても使われる「とびっこ」「とびこ」は「とびうお」類の卵で、珍味としても重宝されています。


たこ

「たこ」を含む頭足類は、魚のように脂がのることはないので、漁獲される時期を旬とする場合が多いようです。日本では兵庫県が「真だこ」の漁獲量が日本一です。タンパク質やミネラルが豊富で、肝機能を高める効果があると言われています。また、脂肪が少ないので、お酒のつまみや、ダイエットしている方にお薦めです。7月2日「半夏生」の日には、昔から「たこ」を食べる風習が残っています。


するめいか

胴は黒褐色で艶よく透明感があり、張りと弾力があって傷が無いもの。目が黒くて盛り上がったものが新鮮です。あっさりとして歯ごたえがある物ですから、和え物、サラダ、焼き物や炒め物、煮物、焼そばやパスタなど麺類の具にも幅広く利用できます。たんぱく質を含み、低脂肪。コレステロールの消費に関与するタウリンの他、DHAやEPAも含みます。


あわび

手の込んだ料理よりも、刺身やバター焼き・蒸し物に向いています。「あわび」の旬は、産卵期を迎える前の晩春~夏にかけてです。産卵期を迎える寸前の「あわび」は身も太ってくるので、とてもおいしく食べられる時期だといわれています。キモも新鮮なものであれば、しょうゆとあえてキモしょうゆとして刺身の風味を増してくれます。


とこぶし

「あわび」よりも小ぶりで、酒蒸しか煮物にして美味しい。食べる機会も少なく、1回に食べる量も少ないので特に栄養価を期待できるわけではありませんが、血圧や血中コレステロールを下げる働きがあるとされるタウリンが豊富に含まれます。




場内MAP で仲卸店舗を確認


  • 目利きのプロがお届けする旬の旨い水産物ご紹介
  • 中央市場水産物フォトギャラリー
  • 大阪食文化・おさかな味わい図鑑
  • 最新のイベント情報!
  • 本場の歴史について
  • おさかな絵画コンクール表彰式
  • 今月が旬の魚料理