お魚は健康食!お魚を毎日食べましょう!

寒さ続く厳冬の旬彩をご提案寒い時期に耐えられるように脂がのって健康に良い成分も多く含まれるようになります。頭に良いとされるDH A・EPA も多く含まれるものも多いので、頭を使うこの時期に温かくて美味しい魚料理はぴったりですね!元気は食から!笑顔は、うまいもんから!

この一覧表は、一般的に紹介されている出回り時期を示すもので、年や季節、天候、産地により差があります。また、種類により異なる場合もありますので、予めご了承ください。

ぶり(鰤)

ぶり(鰤)

刺身、寿司ネタ、照り焼きで賞味される。「 寒ブリ」といって寒くなる時期に旨さを増す魚で、この頃 に一番たくさん採れます。成長とともに名前が変わる出世魚で、タイと並ぶ<祝儀魚>とされ、年末年始の贈答用など人気の高い魚です。タンパク質、脂質に富み、ビタミンB1、B2 が魚類中では多い。大きさによって味わいが大きく異なり、美味しいものは40cm を超えてから。

刺身、寿司、カルパッチョ、セビーチェ、塩焼き、照り焼き、ぶり大根、煮つけ、アラ煮、かぶと煮、しゃぶしゃぶ、吸い物、粕汁、白子ポン酢、白子のバター焼き、巻きぶり(石川)、雑煮(長野)、温飯(大分)、かぶら寿司(石川)、真子(卵)の煮付け(長崎)

ふぐ(鰒)

ふぐ(鰒)

「ふぐ」は、高タンパク超低カロリーな白身魚。「ふぐは食いたし、命は惜しし」といわれるくらい、とても美味ではありますが、猛烈な毒があることでも有名です。関西では、あたると命を落とすことから「てっぽう」とも呼ばれています。
「ふぐ」の筋肉は結合組織が強く、かみ切れないほどに硬い。そのため刺身は皿の模様が透けて見えるくらい薄く切って食べる。

刺身、湯引き、つけ焼き、がね炊き、ふぐちり、唐揚げ、皮ぽん酢、白子焼き、ひれ酒

あいなめ( 鮎並)

たい(鯛)

姿・色・味と三拍子そろった「たい」は、古来からおめでたい魚とされ、高級魚の代名詞的存在です。「たい」と名の付く魚は200 種類以上いますが、そのほとんどが「たい」とは無縁の通称「あやかりたい」とよばれる魚です。
「まだい」は通年出回り、産卵後の痩せた時期を除いては、いつでも美味しく食せます。特にこれからの季節は天然の真鯛が産卵を前に栄養を蓄え、脂がのり、その身質は桜のように鮮やかで肌の色をピンク色に輝かせることから「桜鯛」と呼ばれ、珍重されてきました。
「桜鯛」は春の季語にも数えられ、古くから日本人に親しまれてきた魚といえます。

刺身、皮霜造り、昆布締め、酢締め、セビチェ、カルパッチョ、鯛飯南予風、塩焼き、幽庵焼き、みりん干し、兜焼き、兜煮、鯛かぶら、ちり鍋、潮汁、しゃぶしゃぶ、フライ、天ぷら、フリッター、磯部揚げ、炊き込みご飯、鯛麺(愛媛)、鯛茶、鯛飯

きんめだい(金目鯛)

きんめだい(金目鯛)

鮮やかな赤いウロコと金色の大きな目が特長です。華やかな色が好まれ、地方によっては祝い事の席で「マダイ」の代用として使われます。この時期は脂のりが良く美味な白身魚です。煮つけ、蒸し物の他にちり鍋にするとさらに美味しく味わえます。他の白身魚に比べると高カロリーですが、カリウム、マグネシウムのミネラルも豊富でコラーゲンも多く、肌に良い魚といえます。

刺身、塩焼き、ソテー、ムニエル、煮つけ、味噌汁、鍋(しゃぶしゃぶ、ちり)、ブイヤベース、ポワレ、バター焼き、フライ、漬け魚(粕漬け、みそ漬け、みりん漬け、幽庵漬け)、開干し

ままかり( 飯借り)

さより( 鱵)

体は細長く、約40 センチ前後になります。“下あご” が細く針状に突出しているのが特徴です。さっぱりと淡泊であっさりとしたくせのない白身魚で、魚の中でも脂肪の低さは群を抜いていると言われます。ただし、脂肪が少ない割には、コレステロールが多いのも特徴。さばくのが難しい魚ですが、「細造り」「糸造り」と呼ばれる細切りの刺身や天ぷら、酢の物などにしても美味しく召し上がれます。

めばる( 目張)

めばる( 目張)

日本各地に生息する「めばる」は、古くは庶民的な魚として人気が高く、煮魚といったら「めばる」に限るといわれたものでした。早春の船釣りは「めばる」から始まるため、「春告魚」とも呼ばれるように市場でも春の時期に入荷が多くなります。ウロコはやわらかく、皮は薄くて弱く、骨はあまりかたくありません。透明感のある白身で、熱を通してもかたくならず、身離れのいい魚です。

はっかく( 八角)

はっかく( 八角)

この魚の体はうろこの発達した骨板で覆われ角張っていることから「はっかく」と呼ばれています。雄・雌で体に大きな差があり、雄は鮮度がいいと黒い。目が澄んでいるもので、エラが鮮紅色のものを選んでください。
とても珍しい魚ですが、この時期は白身で脂が乗って美味しく、皮を剥いで刺身、焼き魚、汁物でも美味しく召し上がれます。

わかさぎ(鰙、公魚)

わかさぎ(鰙、公魚)

冬期(10 月から3 月程度)が漁期で、釣りや刺し網、地引網、氷上の穴釣りなどで多く漁獲されています。 特に脂が乗る旬は、桃の節句の前後といわれます。漢字で「公魚」とかくのはかつて江戸時代の将軍 徳川家斉に年貢として霞ヶ浦の「わかさぎ」を納め、公儀御用魚とされていたことに由来します。天ぷら、フライ、唐揚げ、塩焼き、佃煮にして美味しく召し上がっていただけます。

いいだこ( 飯蛸)

いいだこ( 飯蛸)

全長20 ~ 30cm 前後の小型の「たこ」。旬は春。冬から春にかけて卵をもち、これを茹でると「飯(いい)」のようになることからその名前がついたといわれます。卵は大変美味で、子持ちのメスが珍重されます。明石の「いいだこ」は大ぶりで卵の量も多く、丸ごと甘辛く煮付けるのが絶品です。

なまこ(海鼠)

なまこ(海鼠)

食用とされるマナマコは体色からアカ・アオ・クロの3 種に分けられ、それぞれ地域によって価格差があります。生で食べるのが一番簡単で、二杯酢、ポン酢、生醤油に柑橘類を絞ったもので食べるのも美味しい。海鼠の内臓を取り出して塩辛にしたものが「へしこ」とよばれ、ウニ、カラスミとあわせて日本三大珍味のひとつに数えられています。

あんこう(鮟鱇)

あんこう(鮟鱇)

白身で皮がぶよぶよしてゼラチン状。煮て食べて旨みがあり、肝にはたっぷり旨みと濃厚な脂分がある。鍋、みそ汁、唐揚げ、鍋にして絶品で、肝も入れて美味。唐揚げも定番料理。
身は淡白、低カロリーで、コラーゲンたっぷりで女性にも人気。肝(アンキモ)はビタミンA・B12・D、DHA、EPA など栄養価が高い。

刺身、煮つけ、しょう油鍋、味噌仕立て鍋、あんこう汁、スープ、唐揚げ、あんきも、どぶ汁(茨城)、あんこうの共和え(茨城)

ずわいがに(楚蟹)

ずわいがに(楚蟹)

関西では「まつばがに」、関東では「えちぜんがに」と呼ばれる「ずわいがに」は、資源保護のため漁期が定められていて、2013 年からは11月6 日~12月31日となっています。
身入りの善し悪しは、手で持ってみてしっかりと重みを感じるものを選ぶことと、腹と甲羅の幅が広く厚みがあるもの(胸の厚みみたいな感じ)で、抑えた時に硬いものが良いです。

ひらめ( 鮃)

ひらめ( 鮃)

1月~2 月の「寒ビラメ」は、脂がのり、淡泊でキメの細かな身で、古来から日本人に好まれた白身の高級魚です。脂肪が少ないのに味が良いのは、旨みのもとといわれるアミノ酸が豊富に含まれているためです。また、寿司や刺身で珍重される縁側にはコラーゲンがたっぷり。寿司や造りではもちろん、フライやムニエル、煮物、塩焼きにしてもとても美味しい魚です。

刺身、寿司ネタ、昆布締め、カルパッチョ、ソテー、ムニエル、塩焼き、魚田、幽庵焼き、煮つけ、酒蒸し、すまし汁、フライ、唐揚げ、なめろう(味噌たたき)

かれい(鰈)

かれい(鰈)

「かれい」の旬は、大半の種類の鰈が秋から冬にかけて。春から夏にかけて旬を迎える種類もいて、一年中味わうことができます。
「かれい」も高たんぱく、低脂肪。タウリンやビタミンB1、B2、Dも豊富で、離乳食や年配の方の食事、病人食用の食材としても適しています。冬に子持ちの種類もあり、非常に美味。塩焼き、煮付け、唐揚げなどさまざまな料理に向いています。

しゃこ

きんき╱きちじ(喜知次)

「きんき」とは、関東で馴染みのある呼び名です。「カサゴ」の仲間で、干物や粕漬けにしても美味しい魚です。ですがやはり、この時期の「きんき」は煮つけで食べる味はとても美味しく、脂ののった白身が、舌の上でとろりととろけます。他にも塩焼きや刺身でも美味しく召し上がっていただけます。近年は漁獲高が減少し、高級魚として取引されています。

かわはぎ

かわはぎ

「かわはぎ」は、その名の通り、皮を剥いでから調理する魚です。淡泊ながら歯ごたえのあるその身は、「ふぐ」に匹敵するほど美味しいといわれます。また、「海のフォアグラ」とも呼ばれる肝は独特の旨みがあり、薄造りにした身との肝和えや酒蒸しにして食べると絶品です。鍋物や煮物、ムニエルでも美味しく召し上がれます。表面がザラザラしていれば新鮮、大きいものほど味が良いとされます。

いとよりだい(糸縒鯛)

いとよりだい(糸縒鯛)

姿が良いので切り身にして美しく、クセのない白身で上品な味わいです。体長は40cm 近くになり、細長く、やや左右に平たい体形。体側に黄色い縞模様が数本入っていて、上部尾びれが金色の糸状に伸びています。「いとより」の食文化は、産地も多い西日本地域が中心のようです。関西では、お祝い用の魚として珍重されています。
「まだい」に匹敵する美味しさといわれ、塩焼きが一般的ですが、やわらかい身と色鮮やかな皮目が、椀物、霜皮造りで生きてきます。ほかにも、蒸し物や煮つけ寿司ネタなど、クセのない白身魚で、さまざまなお料理に活用できます。ただし、安定して高値であり、しかも料理するには技術が必要となる魚で、おもに料理店などで使われる高級魚といえるかも知れません。

かますご(いかなご)

かますご(いかなご)

「いかなご」の親で、関西では「かますご」や「ふるせ」と呼ばれます。新子でつくる「いかなごのくぎ煮」は、兵庫県明石をはじめ瀬戸内の春の風物詩として有名ですね。身は小さいですが、内臓も全て食べるため切り身魚に比べて、ビタミン、ミネラル類が豊富で、カルシウム、鉄分、リンも多く含まれます。

まあじ( 真鯵)

ほたるいか(蛍烏賊)

「ほたるいか」は内臓ごと食べるので、ビタミンA やビタミンE が多く含まれているのが特長です。ビタミンA、E は体内で抗酸化作用を発揮して老化の進行を予防すると言われています。また鉄分や銅などのミネラル、ビタミンB 群をはじめタウリンも多く含んでいるのでとても健康に良いものだと言えます。ボイルしたものを酢味噌和えでいただくのも良し、沖漬けや佃煮も美味です。

まあじ( 真鯵)

かき(牡蠣)

一般的には、「Rがつく月(septenber9月~april4月)に食べないとあたる」とされている「牡蠣」。秋の終わり頃から産卵に備えて肥り、寒い間が美味しいとされる。うまみと栄養が豊富で、海のミルクといわれているのは有名です。疲労回復に役立つグリコーゲンをはじめ、肝機能を高めるタウリンも多く含まれます。

生がき、酢がき、焼きがき、かきおこ(岡山)、ソテー、茶碗蒸し、味噌汁、カキ鍋、土手鍋、カキフライ、かきめし



場内MAP で仲卸店舗を確認


  • 目利きのプロがお届けする旬の旨い水産物ご紹介
  • 中央市場水産物フォトギャラリー
  • 大阪食文化・おさかな味わい図鑑
  • 最新のイベント情報!
  • 本場の歴史について
  • おさかな絵画コンクール表彰式
  • 今月が旬の魚料理